多焦点眼内レンズ

当院では厚生労働省に承認されて先進医療として多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を行っております。通常レンズでは、手術後に“老眼”の状態になります。その欠点を補うように登場したのが多焦点眼内レンズです。

遠近両用眼鏡と類似のはたらきをもつことで、白内障手術によって失われる調節機能を回復させる可能性があります。このレンズを挿入した場合、めがねの必要性が軽減し、術後にめがねが全く不要になる場合もあります。

先進医療の手術代金

この治療は健康保険が適用できず、手術代金が38万円ですが、民間の保険でも先進医療に適用できる場合があります。