レーシックを開始した訳

レーシックを開始した訳

すでにレーシックは、普通の治療と考えられるようになりました。
今後、レーシックの症例数が増加すれば、目の病気を有する患者さんがレーシックを希望するだろうと思います。レーシック専門施設で治療される場合が多数ですが、眼科専門施設でも一定の治療を行ってゆく必要性を感じます。実際に網膜剥離の手術後や緑内障の治療後にレーシックを施した事例があります。

レーシックに関して

眼科専門医でも、レーシックの是非に関して意見が分かれています。
新しい治療が発案されたときには、保守的な考えと進歩的な考えの議論が起きます。これまでもコンタクトレンズや白内障の眼内レンズが発明されたときには、否定的な意見も多数聞かれました。
一定のブレーキは、より安全に洗練されるためには有用です。レーシックも安全確実な方法として進化してきました。眼科専門医で無くても可能だと思いますが、やはり、眼球全体の事を理解した上で、そして、手術医師の顔が見える医者患者の関係で治療を受ける方が良いと思っています。

なぜ、こんなに安いの?

治療料金が他の施設よりも安すぎるので不安を感じる方も多いと思います。当院は、白内障手術や網膜硝子体手術、緑内障手術等の一般診療がメインの病院ですから、レーシック部門での収益が最小でも良いのです。
無理で危険なコストダウンなどはしていませんので安心して下さい。