角膜強化法

角膜強化法(クロスリンキング)は、新しく取り組んでいる治療です。
円錐角膜や、レーシック手術後の角膜拡張症(エクタジア)の事例にお勧めできます。これらの疾患では角膜実質のコラーゲンの結合がゆるく、前方に突出して近視や強い乱視を来します。角膜強化法(クロスリンキング)は、ビタミンを点眼した後に光線を照射する方法です。角膜が固く強化されますので、病状の進行が止まります。

左は正常です。右は角膜が突出して円錐角膜になっています。
突出により近視も進行しますし、強制困難な不正乱視になります。